CAD導入をする際に注意すべきポイントを確認しよう!


初心者からベテランまで扱いやすいソフトを採用しよう

新たにCADのシステムを導入するにあたっては、初心者からベテランまで扱いやすいソフトを採用することがとても重要です。最近では、大手の工業系のメーカーや設計事務所、工務店など様々な現場でCADの専用のソフトの普及が進んでおり、法人向けのソフトに対するニーズが高まっています。そうした中、使い勝手の良いソフトを選ぶにあたり、なるべく汎用性の高いものや、ワンタッチで様々な操作ができるものを探してみると良いでしょう。なお、特定の分野にCADを導入する際には、市販のソフトだけでは十分に対応できないこともあります。そこで、オーダーメードのソフトの開発を行っているIT企業に相談をしてみると良いでしょう。

CADオペレーターへの教育を徹底して行おう

CADの機能を活用して製品開発や新しいサービスの提供をするには、一人ひとりのオペレーターに対する教育を徹底して行うことが大切です。特に、コンピュータグラフィックスの技術を駆使して仕事に取り組むためには、長期間の研修が必要となることもあるため、人材育成のために無理のない計画を立てることがポイントです。また、CADの様々なソフトを使いこなすために、若手のスタッフを対象に資格取得のための支援を行ったり、外部のセミナーや勉強会などに参加できるようにしたりすることも大事です。その他、CADオペレーターへの教育をスムーズに行ううえで、経済的に余裕がある場合には、IT系の社員研修を専門的に実施している会社にサポートを任せるのも良いでしょう。

電気CADはパソコンで製図や設計ができるソフトウェアの総称です。CADの中でも電気設計をサポートする機能が優れています。