金属加工には必須?酸洗いが金属にもたらす大きなメリット


酸洗いで金属が長持ち

酸洗いとは加工が終わった金属製品を、最後または塗装前の段階で行う全体を綺麗にする洗浄方法です。工程はとてもシンプルで酸の溶液に金属製品を全体しっかりと浸し、酸の力によって汚れや油などを溶かして落としてしまいます。金属の加工は当然溶接などによって焦げや煤のような汚れが付いてしまいますし、この汚れが付いたままだと塗装などが剥がれやすくなってしまいます。そこで酸の力によって目に見えないレベルでの汚れも徹底して落とすことで塗装が定着しやすく、長持ちする製品にすることが出来ます。もちろん使うものが酸なのでどうしても洗浄できるものは金属だけで構成されたものであり、プラスチックのパーツなどが付いている段階では行うことはできません。

ステンレスの錆びない秘密は酸洗いにあり

ステンレスは錆びない金属として知られていますが実際はとても錆びにくいという方が正しく、錆びない理由はひとえに不動態皮膜と呼ばれる保護膜によって守られているからに他なりません。この不動態皮膜はステンレスに含まれるクロムと空気が反応することで瞬時に形成されます。そこで重要となるのが酸洗いによるステンレス表面の洗浄です。酸洗いでは表面の一切の汚れを除去することができ、それによってステンレス全体が空気と反応して均一な不動態皮膜を張ることができるので、非常に剥がれにくい膜が形成されます。もし長く使っているステンレスが錆びるようになってきた……という事があれば、酸洗いができれば不動態皮膜が復活するのでまた錆びにくい状態に戻すことができます。

金属製品を溶接した際、結合部分に焼けが生じて変色することがあります。焼けによる変色の除去は強酸性の薬剤による酸洗いが最適です。溶接部分の凹凸も余さず薬剤が浸透するので、結合部分のツヤ出しが可能です。