薄毛治療の選び方!初期症状段階での判断が大切


薄毛治療は初期症状段階から治療が望ましい

薄毛治療は自己判断で育毛剤や育毛シャンプーを使う方が多く、原因に合った商品を選べていると問題が無いですが、原因と関係が無い商品を使ってしまうと時間やお金が勿体ないです。薄毛原因を知った上で適切な治療が望ましく、初期症状段階から開始すれば問題解決の可能性がありますから、最初に専門家に頭皮チェックから入ると安全と言えます。頭皮の汚れや毛穴詰まりから薄毛進行しているならば、頭皮環境改善に繋がるヘアケア商品で対応出来ますが、男性ホルモン原因の薄毛は内服薬治療が有効です。自己判断では原因特定が難しいですから、皮膚科や育毛クリック等の指導を受け、少しでも早く治療に入れると納得出来る治療に繋がります。

薄毛治療効果が表れるまでの期間

外部からのヘアケアで頭皮環境改善を行う薄毛治療、内部から働きかけて薄毛原因の男性ホルモン抑制に繋がる内服による薄毛治療、いずれにしても治療開始から即結果が出るわけではないです。発毛サイクルの流れがありますから、育毛シャンプーや育毛剤の効果が出るにも数か月程度の継続使用が必要になります。内服治療に関しても薬を飲んですぐに抜け毛が止まったり、毛髪が生えるわけではなく、半年から1年程度の継続服用によって効果が実感出来るものです。即効性を求めてすぐに結果が出ないと治療を辞めてしまうと、効果が出るはずの場合でも効果が出ないですから、継続治療が必要である事を理解する必要があります。コスト負担もかかりますから、予算編成も行った上で治療開始が有効です。

現在のagaの治療は、臨床試験をクリアした内服薬の処方が中心で、かなりの効果を期待できるのが特徴です。